歯周病基礎知識|歯周病 横須賀市|歯周病治療センター横須賀

歯周病は、根本的な問題から解決する必要があり、お一人お一人の症状にあった治療が大切です。そのため当院ではカウンセリングや検査をしっかり行い、患者様にも丁寧なご説明を行いながら治療を進めることを心がけております。


スケーリング&ルートプレーニング
歯周病の原因である歯垢(プラーク)・歯石を除去し、再び歯や歯の周りに付着するのを防いで歯周病の進行を抑え、予防しようという治療法です。
【スケーリング】
取り除けていない歯垢(プラーク)、歯石をスケーラーと呼ばれている特殊な器具を使って除去する治療法です。
【ルートプレーニング】
歯肉(歯茎)や歯周ポケットに隠れたスケーリングだけでは除去できない歯石・歯垢を特殊器具を使用して除去し、再び歯石・歯垢が付着しづらいように歯の表面をツルツルにする治療法です。
詰め物・被せ物の修正治療
詰め物、被せ物の不適合があれば歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物、被せ物が合っているかをチェックし、これらが合っていなければ修正する治療が行われます。
薬(抗生物質)による歯周病治療
歯周病は歯垢(プラーク)感染する病気なので、薬(抗生物質)を服用したり、直接、歯垢(プラーク)が溜まっている歯周ポケット内に挿入して増殖した細菌を減少させていく治療も行われます。
歯ぎしり治療
噛み合わせが悪かったりして一部の歯に負担がかかっている場合、その歯(歯槽骨)が破壊され、歯を失う原因となりますので、噛みあわせを調整する治療が行われます。

中度、または重度歯周病などの場合は上記の治療法では症状が改善されない場合があり、そのような場合には以下のような外科的歯周病手術を行う事があります。

歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)=フラップ手術
歯周ポケットが深いために『歯石/歯垢(プラーク)』を完全に除去できないような場合に、歯周ポケット自体を切除した後、歯肉を歯槽骨から剥がし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石・歯垢を除去(スケーリング&ルートプレーニング)し、その後に歯肉を元の位置に戻して縫合する手術法です。
歯周組織再生療法=エムドゲイン
手術法自体は上記の歯肉剥離掻爬術とほぼ同じで、剥がした歯肉を縫合する前に歯槽骨にエムドゲイン(開発歯周組織再生誘導材)というたんぱく質の一種を塗布することによって歯周組織の再生を図る治療、手術法です。
組織再生誘導法(GTR法)
上記2つと手術法自体は同じで、エムドゲイン(開発歯周組織再生誘導材)ではなく、人口の特殊膜を歯槽骨に塗布することによって歯周組織の再生を図る手術法です。


マリン歯科について
歯周病基礎知識
1-DAYペリオシステム
Q&A歯周病の疑問
治療費例
患者さんの声
ご相談はこちら
マリン歯科