歯周病基礎知識|歯周病 横須賀市|歯周病治療センター横須賀

【STEP1】
健康な状態
歯垢もついておらず健康な状態です。歯と歯肉の境目に1~2mmくらいの溝が存在します。これを歯肉溝(しにくこう)と呼びます。歯肉の色は薄いピンクで歯と歯の間にまでしっかり入り込んでいます。また触ると弾力があり引き締まっていて軽い刺激などでは出血しません。
【STEP2】
細菌が増殖します。

細菌が増殖します。歯と歯肉の境目に歯垢が多く付着していると、そこの歯肉が赤く腫れていきます。 歯肉が腫れると歯肉溝が深くなっていき、深いと細菌が喜んで溝の中で増殖します。この深くなった歯肉溝を歯周ポケットと呼びます。

【STEP3】
炎症を起こし始めます。
歯肉は更に腫れ、炎症により歯槽骨が少し溶け始めました。歯周ポケットの溝の最下点は歯槽骨の位置に常にありますので、歯槽骨が下がってくると、結果的に歯周ポケットが深くなります。深くなると更に細菌増殖し、炎症により組織液がジワジワ歯周ポケットの中からでてきて、その成分が歯石となります。歯石には細菌ついていきます。
【STEP4】
軽度歯周病(歯肉炎)
歯周ポケットが3mm以内で、歯槽骨の破壊が起こっていない状態です。歯茎が赤っぽく炎症を起こし、細菌の進入は歯肉部で止まっています。歯肉炎では、歯垢(プラーク)や少量の歯石がたまり歯茎に炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。この状態が進むと、中程度歯周病になります。自覚症状として、硬いものが、噛みづらくなったり、歯磨きの時に出血したり、起床時に、口の中がネバついたりします。
【STEP5】
中等度歯周病・歯槽膿漏
・歯周ポケットが4mm〜7mmで、骨の破壊(歯の根を支えている骨が溶けている)が起こっている状態で、歯茎が赤っぽく炎症を起こし後退しています。また細菌の歯周組織への進入が進み、骨が溶けています。こうなってくるとどんどん歯槽骨が溶けていきます。悪循環の始まりです。知覚過敏といわれる状態になり特に、冷たいものがしみるようになります。食物がつまりやすくなり、歯磨きが難しくなります。
【STEP6】
重度歯周病・歯槽膿漏
歯周ポケットが6mm〜8mm以上で、歯槽骨の破壊がかなり進んでいる状態です。重度歯周病では、歯や根っこには多量の歯垢や歯石が付着し、歯周組織の破壊が相当進んでいます。また、支えを失った歯は、前後左右に揺れるばかりではなく、上下にも揺れます。
自覚症状として、歯肉溝から膿がでたり、歯肉が腫れたり、味覚にも影響を及ぼします。また、噛むと痛くて物が噛めないようになってしまいます。
【STEP7】
歯が抜けてしまいます
STEP6からわずかな時間で抜けてしまいます。歯槽骨もほとんどなくなり、ブリッジや入れ歯を入れてもなかなか合わず、インプラントもそのままではできなってしまう可能性もあります。

 

マリン歯科について
歯周病基礎知識
1-DAYペリオシステム
Q&A歯周病の疑問
治療費例
患者さんの声
ご相談はこちら
マリン歯科