歯周病基礎知識|歯周病 横須賀市|歯周病治療センター横須賀

歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称で、歯周病菌という細菌が歯の周辺で引き起こす感染症です。
 

歯肉炎
歯肉炎は、歯肉が炎症をひき起こして腫れあがってしまう病気です。歯周炎の一歩手前の病気で、強く押すと出血や膿が出たりします。健康的な歯肉は薄いピンク色ですが、歯肉炎になると黄色っぽくなります。
歯周炎
歯周炎は、歯を支えているアゴの骨を吸収(溶かして)してしまう病気です。歯の土台の役割をしていますので、その土台が失われてしまうと歯がグラグラするようになったり、最悪の場合は歯が抜けてしまいます。
歯周病の落とし穴
これほど破壊力がある恐ろしい病気であるにも関わらず、痛みをほとんど感じないという落とし穴があり、気づいた時には症状が重くなっている方が多くいらっしゃいます。そのため歯周病の重い症状である歯周炎にかかっている割合は、15~24歳の段階で既に20パーセント、55~64歳に至っては50パーセント近くにもなります。(H17年度の歯科疾患実態調査より) 実は、歯周病は幅広い世代でかかる大衆病なのです。


マリン歯科について
歯周病基礎知識
1-DAYペリオシステム
Q&A歯周病の疑問
治療費例
患者さんの声
ご相談はこちら
マリン歯科